ラブソングみたいに make a miracle ♥︎∗*゚

クリームソーダには夢と希望が詰まっています

ジャニヲタの友人の結婚式に行ってきた

3/21、結婚式に招待された。
私は専門学校の2年間とその後3年を山形県で過ごしている。
その時に『KinKi Kidsが好きだ』という共通項があり、縁が会って知り合った友人である。
私のアパートでDVD見て語り合ったり、
ファミレスで語り合ったり、
(※すべてKinKi Kidsについて語り合っています)
一緒にライブも行った。

私が実家に戻ってからはなかなか会う機会も減り、年に1度、ドームで再会することが楽しみであった。
今年は諸事情にて、会えなかったけど(寝坊なんて。内緒だよ)
そんな彼女の結婚式。楽しみすぎてテンションが上がり、前日は眠れなかった。こどもか。

ジャニヲタが結婚式をする。
不測の事態に備え、ペンライト持参で行った。パーティー用のちっさいバッグに詰め込んで持って行った。
ちっさいバッグの中身、ハンカチ、ティッシュ、ペンライト。

そして私がいちばん気になっていたのは、やはりBGMのセレクトである。
彼女はやってくれると信じていた。
全部がKinKi Kidsとは言わないが、要所要所でぶち込んできてくれるだろう、という期待をこめていた。

会場は、桜色で染められていた。
和風な披露宴だった。
素敵だった。本当に素敵だった。
ジャニーズ要素なんてぶち込む隙がない。
…と、思っていたらいきなりきた。

鏡開きで酒樽(呼び方知らない)をを叩いた瞬間、『♪さけ〜ぶ声が〜また〜』と、剛さんの素敵な歌声が会場内に響き渡った。
写真を撮ろうと前の方にしゃしゃり出てていた私は思わず新婦の顔を見た。
その瞬間、彼女は笑った。私も笑った。

そして、新婦がお色直しのため一旦退場する。お父様と一緒に歩くらしい。
なんだか聴き覚えのあるイントロだ…と思っていたら、
だった。

隣にいた友人(もれなくキンキヲタ)と一緒に控えめながらも『こーちゃん!』『つよしー!』と合いの手を入れてみた。
私たちのテーブルのすぐ側を通ってくれたのでその合いの手が聞こえたのだろう、新婦は笑いながら歩いて行った。

歓談、お色直し入場も滞りなく進み、
キャンドルサービスのお時間。

しゅびどぅ〜♪
ってノリノリでいたら、私たちのテーブルに新郎新婦が到着した瞬間、
私の大好きな大好きな大好きな!あの曲のイントロが流れた。
Anniversary / KinKi Kids
泣いた。叫んだ。(迷惑)
そのままキャンドルサービスは続き、
メインキャンドルに点火。
One Love / 嵐
いちばん盛り上がるサビのところで点火した。すごいね、プロの時間配分は…って冷静だった。たぶん嵐の曲だったから冷静だったんだろうな。笑

で、ついにきた。
エンドロール。
僕らの未来 / KinKi Kids
泣かせないでくれ。このチョイス最高だろ。歌詞もメロディもピッタリ。
『おなじ〜歩幅で〜あるいていこう〜』なんなんだよ剛さん。
『どしゃぶり〜の日も〜きたかぜの日も〜』
なんなんだよ光一さん。
歌声最高か。最高なのは知ってるよ。知ってるけどさ!!!

エンドロールってみんな真面目に見るから、その中でキンキさんの曲が流れている空間がとても幸せで。
新郎新婦の気持ちがとても詰まった披露宴だったな、と思い返していて。
その気持ちとキンキさんの歌声とが優しく重なっていて。

とにかく、
素晴らしい披露宴でした。
(いつもながらまとめ方が雑)


もれなく、自分なら何をBGMに使うかな〜って妄想しながら帰ってきた。
結婚式の予定も、なんなら結婚の予定も無いけど。

楽しい。
お年頃なのでみんな結婚ラッシュ。
幸せのおすそ分けもらいながら、毎日楽しく生きています(笑)

あ、安心してください。
ペンライトは出さなかった。
気持ちの問題。
気持ちはこめすぎるとモチになるらしいけど、モチにならずお守りとしてちっさいバッグに詰め込んだままにしていました。

BGM考えるのって、楽しいね。